2006年04月09日

毎朝30分で毎月50万円稼ぐ、誰でもできる音速デイトレード術

音速トレード研究会では、時間のある方はもちろん、
時間がないサラリーマンの方でも、毎朝の30分を
使うだけで毎月50万円の利益を出せる「音速トレード術」の
ノウハウを詰め込んだマニュアル

「毎朝30分で毎月50万円稼ぐ 誰でもできる音速トレード術」
の紹介です。




朝の30分だけを有効に使ってトレードを終えるため、その後の時間
は自由に使えます。
しかもチャートや難しい用語が分からなくても大丈夫。
初心者でも十分に利用できる内容となっています。


「実は、毎朝30分のトレードで、着実に儲けられるデイトレードの方法
があるんです。」

実は、ある方法を活用することで、効率良く短時間でデイトレードを行い、
安定した利益を上げることが可能なのです。


正直に告白します。


全くトレードのキャリアがないサラリーマンや主婦でも、デイトレードで
簡単に利益を出すことが可能なのです。

「毎朝30分で毎月50万円稼ぐ 誰でもできる音速トレード術」


今回お伝えするノウハウは、あくまでも素人の方が行える範囲のものです。
ことさら特別な情報やデータが必要なわけでもなければ、
長年のキャリアが必要なものでもありません。

あなたがデイトレードを成功させるのに必要なもの。
それはほんのちょっとの知識と行動力だけなのです。


おかげさまで、販売を開始して1ヶ月半になりますが、
購入者の皆様からは「有効に利用しています」「着実に利益が出ています」
など、ご好評をいただいております。

1月は55万円
2月も61万8000円を稼ぎ出しました。
(実績はバックナンバーで確認できます)

また、ご購入者の方には、研究会が今注目している
銘柄を登録した「銘柄ボード」を閲覧いただけるようにサポートしています
(毎週更新)。

「毎朝30分で毎月50万円稼ぐ 誰でもできる音速トレード術」


posted by KENT at 09:35| Comment(2) | TrackBack(3) | デイトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

長期上昇のための必然的な歓迎すべき調整!

昨日の東京市場の下げは、目先のテクニカルでは、必然的な歓迎すべき調整です。

このことは、再三に渡って言及してまいりましたが、上昇シグナルの点灯した銘柄と上昇継続の銘柄以外は一旦利食いとなります。

ところで昨日「銘柄選びのヒントとして、一押しから反騰体制に入った銘柄を見つけるために、前日陰線で引け、今日は切り替えして包み陽線で前日始値に面合わせか上で引けた銘柄を探してください。」というサジェスションをしておきまましたが、具体的にどんな銘柄なのかというお問い合わせが多く寄せられました。

そこで、私が意図していた銘柄をあげておきますので、宜しければ確認しておいてください。

その銘柄は、東証1部のコード番号7518のネットワンです。

3月31日の寄り付きが2450円、終値2420円で前日比30円安です。そして翌日が寄り付き2400円、終値2460円と前日寄り付きの2450円を上抜けて包み陽線で引けました。

そして、昨日ですが、寄り付き2460円、高値2560円、終値2530円で70円高でした。

このように、中期騰勢が確認できれば、全体相場が目先調整局面となっても「ネットワン」のような出遅れ銘柄をチャート分析で探しだすことは可能です。

ただし、同じパターンの銘柄がすべて上昇するかといえば、残念ながらすべてとはいきません。

寄り付きが高く引けはマイナスとなって値を消す銘柄もあります。

この場合は、ただ単にチャート分析だけでなく、別な手法でテクニカル分析を施さないと確実な線はでてきません。

弊社の「超短期分析表作成マニュアル」を使用されている方は、「分析表」を作成して「買いシグナル」を確認して併用することをお勧めします。

分析表をお持ちでない方は、他のテクニカル分析の方法を併用して買って良いかどうか確かめましょう。

これに準ずる銘柄を探してみましょう。

株で儲けるには、このような地道な努力が必要です。
posted by KENT at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | デイトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設備投資前年比増を好感し日経平均大幅高も慎重姿勢に変化なし!

再三にわたり上昇確定シナリオの道筋をお話してきましたが、ここの7連騰は中期騰勢を確認し、更に確実なものにするには余りあるものでした。

これで昨日までのサイコロは9勝3敗(75%)となりました。

加熱圏にあり、今日プラスで引けると10勝2敗と超加熱圏に突入いたします。

ここは、昨日も申し上げましたように、半分は調整局面を想定した投資姿勢がひつようです。

といっても、中期的には騰勢に変わりはありませんので、循環物色を想定して、上げた銘柄が調整に入る時点で、出遅れ銘柄に乗り換えるという先回りの戦法が効率よい資金の活用と極大キャピタルゲインにつながります。

先月末に、当ブログでお知らせしておきましたが、新年度入りして、投資信託や年金等の資金は確実に流入してきております。

昨日の日銀短観でも、前年に比べ製造・非製造の平均で2.8%増となっており、投信等の長期資金は買いやすくなっているのも事実です。

また、主役の外人投資家の動向も極めてポジティブなことから、常々言及しております、市場への資金の流入も確実に増加しており、それを物語るかのように、昨日の売買高概算は21億4300万株、売買代金も3兆円を上回ってきています。

先月中旬に比較すれば買い安心感はあるものの、そこは株式市場、ロングでの過熱感はないものの、目先の指標では買われ過ぎ指数のシグナルが点滅しており、注意を促しております。

ここは、貴方の腕の見せ所です。強気の中に冷静な読みを働かせて、銘柄の入れ替えを間違わないようにしましょう。

ここで、銘柄選びのヒントです。一押しから反騰体制に入った目柄を見つけるために、前日陰線で引け、今日は切り替えして包み陽線で前日始値に面合わせか上で引けた銘柄を探してください。

本来はそんな銘柄を分析して「陽転・買いサイン」が出ていれば確実です。
がんばって儲けましょう!
posted by KENT at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中期強気も、目先は慎重に!日銀短観への反応は?

3月24日からの6連衡で貴方の含み益も膨らんだのではないでしょか?

しかしながら、銘柄選定の良し悪しでパホーマンスは大きく差がつく相場がとなっています。

以前にも申し上げましたが、テーマ性のある銘柄で出遅れている銘柄はまだまだたくさんありますので、目先調整の済んだ銘柄で中期上昇トレンドに乗っている銘柄を循環的に買っていくのも面白いかと思います。

デイトレよりもスウィングトレードのほうが儲かる相場つきとなっているのも見逃せません。

ただ、目先は6連騰だっただけに注意して望んでください。
一雨きそうな雲行きです。

今週も貴方のお役にたてる「分析シミュレーション」をしておきました。ご参考に!

今週のシュミレーションは?
  ↓↓
http://tinyurl.com/q8qow
posted by KENT at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。