2006年01月25日

テクニカルでは陽転でも、未だ方向性決まらず!

昨日(24日)の東京市場は、「ライブドア・ショック」も役員等逮捕でアク抜け、日本の景気上昇期待から、ほぼ全面高の展開で安心されている方もいらっしゃると思います。

テクニカル指標でも「買い転換」するものが多くなってきました・・・。

一昨日が336円安、昨日が288円高、昨日一日で一昨日の下げ幅は埋めきれておりません。この値動きを見て2つのことが考えられます。

一つは、今日も上げて20日の高値15875円を上回ってくるか。
少なくとも15847円を上回ってくると完全「陽転」となり、下値不安も払拭されますが、チャートをよく観察している方か、罫線を引いている方は、今日の引けがピタリと上値抵抗線で止まっていることを見取っていらっしゃるでしょう。

今日、抵抗線を上に抜けてくれば、皆さん待望の強気の買いスタンスが戻って来るところですが、そう簡単にいきますかザラバに注目しましょう。

もし、本日完全陽転できなければ、目先底値圏での持ち合いになります。

値動きは少しづつ小さくなって収束していき、あるポイントで上か下へ離れます。
そこまで待たないと方向性は決定できません。

その間に、勝負する銘柄は、下げから早く立ち直るか、相場の動きに逆らって上昇トレンドに乗っている銘柄です。

未だに25日移動平均線を割っていない銘柄をチェックして見ましょう。
posted by KENT at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12257542

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。